どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
スポンサード リンク

スポンサード リンク

My Merry May

56 名前:名無しくん、、、好きです。。。 :2005/05/08(日) 15:49:19 ID:1ub1iJkB
    My Merry May

    「なんか面白いことない?」主人公、渡良瀬恭介は、アメリカにいる兄にメールを送る。
    その返事として送られてきたのが、人工生命体レプリスだった。レプリスは初期設定として体型、性格等を打ち込むことでマスターの好みのキャラが起動できる。
    寮で一人暮らしだった恭介は、寂しさをまぎらわせるために自分好みの性格、および体型を打ち込み起動させようとする。
    ところが起動するまで待っている時間に雷が落ち、バグをもったままレプリスが起動する。
    普通のレプリスが持たない自由意志、および感情をもったレプリスが起動した。
    そのレプリス、レゥと恭介のストーリー。
    主人公はレプリスとの共同生活をおくるなか、幼馴染榛名ひとえ、友人の恋人吾妻もとみ、寮の管理人き築たえ、その友達の中学生、結城みさおとふれあい、成長とはなにか?人間とは何か?ということを命題にもちつつ主人公は人間的な成長を遂げていく。
    ゲームをやる際の注意としてはみさおBエンドをみてからみさおAエンドを見て欲しい。


    印象に残っている台詞。
    たえシナリオ中盤
    「なんだか、寂しい人ばかりみたいですね」
    「そんなもんよ」

    みさおAエンド終盤。

    「現実が、真実よりやさしいなんてことがあったらすばらしい」

    こんなもんでどうですかね>>49

221 名前:My Merry May みさお編1 :2005/08/08(月) 22:41:49 ID:YDTHcY9L
    じゃあ、マイメリの正史のみさお編でも。
    >>56におおまかなあらすじが書いてあるけど・・・

    ある日、恭介はたえの部屋に遊びに来ていたみさおと出会う。
    その後も、たえやレゥを交えた四人でたびたび会っていた二人は、レプリスの研究に没頭する父親を持つ、
    という共通点を持つ者同士、お互いに寂しさを埋めあうように惹かれあっていく。その過程で、レゥとみさおも親友同士となるのだった。

    しかしある日、みさおにレゥがレプリスであると知られてしまう。
    みさおは、父親が自分をないがしろにする理由のレプリスを憎んでいた。
    そしてその結果、事故とはいえ、レプリスを殺してしまったという過去があった。

    一番の親友であるみさおに「バケモノ!」と言われたレゥ。
    再び仲の良かった二人に戻ってほしいと願った恭介は、みさおにレゥは普通のレプリスとは違う。心を持ったレプリスなんだ、それだけはわかってほしいと告げる。
    最初は相手にしようとしなかったみさおだったが、やがて恭介の話を信じ、レゥに謝罪しようとする。

    しかし、結果的にそれは恭介がみさおばかり気にかけ、レゥの事をないがしろにしてしまっていたのだった。

    ある雨の日、レゥが突然外へ飛び出してしまう。
    なんとかレゥを見つけ出し、謝罪する恭介とみさお。それを笑って許すレゥだったが、レゥの片腕は地面に転がっていた。
    実はレプリスには、自らのレーゾンデートルを失うと身体が崩壊してしまうという欠点があった。
    親友から拒絶された上、恭介の心も完全にみさおに向いていると感じたレゥの身体は、既に崩壊が始まっていたのだった。

    その時恭介の兄である恭平が現れ、レゥを治療のためアメリカに連れて行く事になる。
    間一髪、レゥは何とか助かったように見えた・・・。



223 名前:My Merry May みさお編2 :2005/08/08(月) 23:00:31 ID:YDTHcY9L
    それから三週間後。
    治療を終えたレゥが日本に戻ってくるというメールが恭平から恭介に届く。
    一時は喜ぶ恭介とみさお。だが、恭介の頭にレプリスに関するある事実がよぎる。
    レゥの「もう・・・だめだとおもうの・・・」という最後の言葉と、レプリスが自らの身体に下した診断に間違いは無いという事。
    ・・・そして、新たなレプリスを造るには三週間もあれば十分だという事。

    そして数日後、空港で待つ恭介とみさおの前にレゥが現れる。
    三週間前と全く変わらない笑顔で恭介に抱きつくレゥ。
    だがその時、恭介は確信してしまう。
    違う。レゥの笑顔を浮かべているこのレプリスはレゥでは無い。
    あの五月を共に過ごしたレゥとは、もう二度と会えないのだと・・・。

    魂あるレプリスを生み出しておきながら、放っておき、結果的には命を奪ってしまった罪。
    この罪が赦される時は来るのだろうか・・・?


    ちなみに恭介が真実に気づいてしまうのはAエンド。Bエンドは全く同じ展開だけど、やってきたレプリスがレゥではないと誰も気づかないため、
    普通にハッピーエンドに見える。そしてAエンド見て鬱に叩き落されるのが正しいプレイの仕方。

    時間あったらMaybeのほうも書くかも・・・さらに鬱になるがorz

461 名前:My Merry May(1/3) :2005/10/23(日) 01:58:29 ID:mOk/4vzE
    My Merry Mayの残りです。
    あらすじとみさお編はまとめサイトを参照して下さい。

    レゥが起動してからのドタバタな学生生活の途中に、
    主人公の兄の渡良瀬恭平が、リースというレプリスを引き連れてアメリカから帰国してきた…
    というところまでが共通部分。

    キャラ紹介

    ・レゥ
    「レプリス」という人工生命体。起動時のバグのせいで意思と感情を持っている。
    かなり幼稚で、非常にわがまま。
    レプリスは本当は国際法で禁じられているので、周囲にはレゥは従姉妹だと言い聞かせてある。

    ・リース
    恭平が引き連れてきた優秀なレプリス。恭平の指示通りに動く、召使いのような存在。
    何でも完璧にこなすうえ、母性愛に満ちた性格を持つ。

    ・榛名ひとえ
    結構おせっかいな幼馴染。

    ・杵築たえ
    寮母代理の大学生。レゥはたえの部屋に一緒に住むことになる。
    サバサバした性格だが、酒癖が悪い。

    ・吾妻もとみ
    主人公の男友達である亮の恋人。奥手で控えめ。
    レゥに心移りする亮に対し、気が気でならない。

462 名前:My Merry May(2/3) :2005/10/23(日) 02:00:07 ID:mOk/4vzE
    【レゥ】
    レゥはモニターテストのために送られたものであった。
    レゥのバグの事を聞いた恭平は、テストの個体としてレゥとリースのどちらかを選ぶよう恭介に告げる。
    恭平がレゥの点検や調査を行う間、恭介はリースと過ごす事になった。
    リースはまさに理想の女性だったが、所詮それはプログラムによるものであり、
    恭介はそれを疎ましく思った。
    そして、レゥはヒトであって自分だけのものじゃないと結論付けた恭介は、
    アメリカに行くか、日本に残るかをレゥに選ばせた。
    だが、レゥは泣き出し、走り去ってしまう。
    ひとえや恭平に、「恭介とレゥは互いに必要な存在で、一緒にいるのが当然。
    居場所の選択を突きつける行為は、相手を突き放すことに等しい」ということを気付かされた恭介は、
    リースの誘導でレゥの居場所へ行き、連れて帰る。
    その後、恭平とリースはアメリカへ帰り、恭介とレゥは一緒に暮らすことになった。
    (リースエンド以外では、恭平もリースもアメリカに帰る)
    【リース】
    恭介はリースの愛情を心地良いと感じていた。
    リースがレプリスであることも、特に気にも留めなかった。
    恭平はリースのマスターとしての権限を恭介に譲り、レゥとともにアメリカに帰る。
    そして日本で、恭介と「プログラム」は愛し合うのであった……。

463 名前:My Merry May(3/3) :2005/10/23(日) 02:05:40 ID:mOk/4vzE
    【榛名ひとえ】
    ひとえは、ずっと昔から慕っていた恭平に告白するが、恭平はそれを振る。
    そして恭平はひとえと恭介に、二人の本当の気持ちを気付かせた。
    それはずっとそばにいることで、お互いが気付かずにいたもの。
    恭介の告白をひとえは受け入れ、これから好きになっていくと誓った。
    【杵築たえ】
    ある時、たえにレゥがレプリスであることがばれてしまうが、たえはそれをバラさなかった。
    その後、恭介と恭平とたえの3人で過去の話をする。
    恭介の母は恭介を生んだ後すぐに死亡した。
    そして、母代わりのレプリスが作られた。(そのレプリスも長くは生きられなかった)
    幼いころのたえはそのレプリスを目撃していて、レプリスにある程度親近感があった。
    また、たえは養子であって、家族の中で疎外感を感じていた。
    恭介もまた、家族愛を求めた故にレゥを起動させたのだった。
    恭介とたえは家族が欠けている者同士、お互いに共感でき、惹かれあうのだった。
    【吾妻もとみ】
    ある日、もとみと亮が別れたという話を聞かされる。
    しかし二人とも、どこか後悔しているような素振りを見せていた。
    恭介は二人の真意を知ろうと、双方に働きかける。
    ある時、別れの原因をもとみから聞かされる。
    もとみは亮に好かれるために、「亮にとって最良の自分」を演じていた。
    しかし心の中では、他の女に対し嫉妬していて、不満が溜まり続けていた。
    そして、レゥにかまける亮をついに信じられなくなった。
    その心の隙に付け入れられ、繁華街で見知らぬ男に体を許してしまった。
    その事を亮に告げ、別れる事になったという。
    けれども恭介は、他人に体を許したもとみの罪を許す。
    過去のあやまちを認めているのなら、もとみは汚れてなどいないのだから。
    その後、もとみも亮もお互いに吹っ切れた。
    そして、もとみと恭介はこの出来事をきっかけに、相思相愛になっていた。

選択肢 投票
1  
参考になった 4  
参考にならなかった 0  
分かりやすかった 0  
分かりにくかった 1  
長い 0  
程よい長さ 0  
短くまとまってる 0  
短すぎる 0  
内容・記述に間違いがある 0  

スポンサード リンク
スポンサード リンク