どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
スポンサード リンク

スポンサード リンク

Missing Blue

234 名前:Missing Blue ミッシングブルー[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 09:29:43 ID:vow92hvV [1/3]
 俺、牧村功司。聖遼学園高等部2年生。父親は画家。両親とは別居中。
 でも幼馴染の沙夜と、ひょんなことから彼女になった瑠羽奈に囲まれて、
 それなりににぎやかで楽しい毎日を送っている。
 まぁちょっと聞いてくれよ。
 聖遼学園の女子の制服ってのは、他で見ないほど変わってるんだよ。
 
 そんな秋のある日、俺のクラスに瑞希っていう女の子が転校してくる。
 黒い上着に黒スト、なんて地味な制服姿がかえって新鮮だ。
 と、そんなどうでもいいことを考えている俺に瑞希は何かを差し出す。
 直径2、3センチほどの丸い玉。「水晶」っていうものらしい。
 瑞希はそいつを俺の手に握らせて、「思い出して・・・」と迫ってきた。
 瑞希は今日転校してきたばかりだから、会ったことはないはず。
 でも会ったことがあるような気もする。これって記憶喪失、なのか?
 
 他にもいろんな女の子たちが登場しつつ、毎日が過ぎていく。
 ルートによっては妖精やら人魚やら、明らかにおかしい奴も出現するが、
 俺は何も疑問を挟まずにそいつらの存在を受け入れる。
 
 体育祭が終わって、もうすぐ文化祭がやってくる頃、
 俺は真実を知ることになった。
 いろいろと不思議なことが起こるこの世界は、簡単に言うと夢の世界。
 俺のイメージを膨らまして、現実と化したもの。あの妙ちきりんな制服も俺のイメージ。
 本当の学園の制服は瑞希が着てる黒い上着のヤツだ。
 そして、本当の俺は今、病院で意識不明になっている。
 
 瑞希とつきあうことになったが、喧嘩ばかりでギクシャクとしている。
 絵を描きたいと思うが、親父ほど才能が無いのがくやしい。
 他にもいろいろイヤなことがあって、逃げ出したいと思うようになった。
 俺はマラソンの授業をサボろうとして、道路を横切る。そのとき、トラックがやってきて――。
 生と死の境で、現実から逃げたいと泣き叫ぶ俺の声に、サキュバスである瑠羽奈が応え、
 この世界が生まれたのだった。
 
 
 235 名前:Missing Blue ミッシングブルー[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 09:34:08 ID:vow92hvV [2/3]
 この世界はあと数日で消滅してしまう。
 さあ、俺はどうする?
 現実に還るのか、それとも幻想に留まるのか?
 
 
 瑞希ルート(現実寄り)
 記憶を取り戻すのは怖いけど、俺は勇気をふり絞った。
 俺は瑞希が幼馴染だったことを思い出した。
 幼馴染だと思っていた沙夜は、俺のイメージが創り出した存在だった。
 沙夜と最後のデート。そして、沙夜は消えた。
 世界が消えていく。俺は水晶を握り締めながら横になった。
 俺は病院のベッドで目を覚ました。側には瑞希が微笑んでいた。
 
 沙夜ルート(ちょっと現実寄り)
 いつも真剣な表情で絵を描いている沙夜。
 ある時、沙夜は俺の「絵を描きたい気持ち」が具現化した存在だということに気付く。
 やがて世界に限界が訪れる。学校も、駅前も、俺の家も、すべてが白い霧に包まれ、消えてしまった。
 (沙夜ノーマルエンド)
 最後の瞬間、沙夜は俺に「いつも一緒にいるから、大丈夫だよ」と言った。
 俺は病院で目を覚ました。退院した後、絵を描き始めた。
 沙夜が言った通り、俺の中に沙夜の存在が感じられた。
 (沙夜トゥルーエンド)
 最後の瞬間、俺は沙夜を抱きしめる。そして俺たちは、世界と共に消滅した。
 (ここで見れるCGが、家庭用限界ギリギリだという話題?の裸で抱き合うCGです)
 
 瑠羽奈ルート(幻想寄り)
 現実には戻らず、瑠羽奈と一緒に行くことを決めた俺。
 俺と瑠羽奈は新たな夢に向けて旅立つ。
 
 
 236 名前:Missing Blue ミッシングブルー[sage] 投稿日:2010/07/19(月) 09:41:31 ID:vow92hvV [3/3]
 ※解説
 ノーマルエンドとトゥルーエンドでは
 トゥルーエンドの方が要求される感情値(好感度のようなもの)が高いです
 トゥルーだからと言ってそれが真実とは限りません
 


選択肢 投票
11  
分かりやすかった 0  
長さ・短さに不満がある 2  
内容・記述に間違いがある 0  

スポンサード リンク
スポンサード リンク