Dies irae 〜Amantes amentes〜応援中!
スポンサード リンク

スポンサード リンク

CHAOS;HEAD

 168 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:02:57 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 第1章【eyes in eyes】
 「三次元に興味はないよ」と言い切り、基地(ベース)と呼んでいるコンテナハウスで、
 大量の美少女フィギュアに囲まれながら生活する、引きこもり一歩手前の高校2年生、西條拓巳。
 彼が住む渋谷では、『ニュージェネレーションの狂気(通称:ニュージェネ)』と呼ばれる
 連続猟奇殺人事件が発生し、ネットやテレビを日々騒がせていた。
 拓巳は、翠明学園の制服を着た少女が、異常殺人の現場で立ち尽くしているのを目撃してしまう。
 全身に十字架の杭を打ちつけられたそのオブジェのような死体は、
 チャットで『将軍』が張ったリンク写真そっくりであり、
 おもわずそのことを呟くと、血まみれの少女は振り返って拓巳に気づき、
 「よかった…タク……あなたに、会いたかった」と微笑む。
 拓巳は悲鳴をあげて、自宅まで逃げ帰る。
 手には現場で地面から拾い上げた杭を握り締めたままで、あれが妄想ではないと悟る。
 
 そして、事件を推測する。『将軍』=謎の少女で、死体の再現写真は予告メッセージだと。
 自己防衛のため引きこもるつもりだったが、
 単位をとるためだけの『最低登校シフト』に異常をきたすと卒業できないので、登校する。
 その途中、翠明の制服を着た眼鏡女子Aに尾行されてる気配を感じる。
 放課後、立ち寄ったネカフェでも眼鏡女子を見かける。
 びびって逃げようとするが、スクーターにぶつかり怪我をする。
 心配した眼鏡女子こと楠優愛は、拓巳の肩を支えベースまで送ってくれる。
 ブラチュー好きという共通点があって、フィギュアの予約を一緒に行ったりして、距離が接近する。
 これで脱オタリア充生活かと思いきや、優愛が拓巳に接近したのは『ニュージェネ事件』を調べていたからだった。
 優愛は調査で知ったことを拓巳に告げる。ニュージェネ第3の事件の杭を拓巳のベースで発見したこと、
 事件前日に流出した死体の再現画像のキャッシュが拓巳の使用PCに残っていたことなど。
 さらに、拓巳と『将軍』のチャットログを見せ、二人の発言時間が全く噛み合っておらず、
 『将軍』の発言時間は拓巳の登校日と一致していることを示し、
 いつも拓巳が使用しているカフェのROOM37のPCのログ調べた結果、
 『将軍』は拓巳の自作自演だと、結論を述べる。
 
 169 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:07:07 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 第2章【Click me】
 拓巳は子供の頃、自分一人が遠足に行けなくなったことで、
 悔しさと憎しみにまみれ「みんな、行けなくなっちゃえばいいのに」と頭に思い描く。
 翌日の遠足当日、みんなの乗っていたバスが事故に遭い、拓巳は自分には予知能力があると確信する。
 
 優愛は自説を披露した後、「わたしが言ったことは全部本心です。これだけは信じて」とつけくわえて去っていく。
 拓巳は自分が夢遊病ではないか心配で、AH総合病院の精神科を受診する。病院では夢遊病の症状は出ない。
 再現画像が合成と証明できれば優愛も論破できると考え、ファイルを解析するためにフォルダを開く。
 画像処理ソフトで補正をかけて解析すると、写真には拓巳が写っていた。
 ファイルのコメント欄には『その目だれの目?』の文字が。
 
 一方、渋谷警察では特捜本部が置かれており、会議で事件現場の防犯カメラの解析映像が提示される。
 翠明学園の制服を着た男子生徒が、慌てた様子で逃亡しており、手には杭が握られていた。
 その映像から拓巳が参考人と目されるようになる。
 
 拓巳はファンタズムというバンドの曲の歌詞がニュージェネ事件を予言していることを知り、
 第3の事件で見た悪魔女は、ボーカルのFESではないかと思い、ライブハウスに三住と行く。
 FESと悪魔女が別人と確認する。
 
 七海と携帯を買いに行った日、ニュージェネ第4の事件が起こる。
 井乃頭線駅のトイレで全身の血が抜かれた死体が発見された。
 更に、被害者の写真が、マスコミが報じるよりも前にネットオークションに出品されていて、
 出品者『ヴァンパイ屋』が犯人としか思えない状況だった。ネットでは祭り状態。
 血で書かれたダイイングメッセージは『その目だれの目?』
 
 170 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:10:46 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 第3章【将軍】
 ネカフェに行った帰りに、蒼井セナという巨大な剣を持った女性に、剣が見えるのかと話しかけられ、
 うなずくと、お前も集められたんだなと勝手に納得して、
 エラーを見たら教えろ私は駅前の電車にいる、と言って去っていく。
 
 FESは実は翠明学園に通っている岸本あやせという人で、
 「剣を見つけて、そうすれば救われる」とだけ拓巳に呟いて去る。
 下校途中、本庁の刑事コンビ、判と諏訪に話しかけられる。悪魔女の目撃情報を話し、連絡先に携帯の番号を教える。
 
 悪魔女が拓巳のベースを訪れる。拓巳が誰なんだと問うと、
 クラスメイトを忘れちゃったの? あなたは知ってるはず、と返ってくる。
 拓巳の頭の中に浮かんできたリミという名前を呟く。少女は、正解、咲畑梨深でーすと言う。
 なおも様子が変な拓巳に対し、大ちんに聞いてみてと梨深の携帯から三住に電話する。
 拓巳が梨深について尋ねると、お前は彼女と1年の時からクラスメイトだしこの間も3人で映画に行っただろと返ってくる。
 ネトゲした後眠りについた拓巳は、夢遊病患者そのものの様子でPCを立ち上げ、@ちゃんねるに書き込みをする。
 ハンドルは『将軍』。本文は『その目だれの目』。
 
 『剣』があれば安心できるかもと、蒼井セナの言っていた『ディソード』を『TOWN VANGUARD』で購入する。
 蒼井セナの剣と違って凄みもなく、ニセモノかと思いつつベースに帰ると、
 七海が来ており、ディソードのおまけでついてきた『バングル』を欲しがったので、
 拓巳は要らないからとプレゼントする。
 次の登校日に学園へ行くと、さも当然にように梨深がクラスメイトとして居た。
 その日、折原梢という少女がクラスに転校してくる。席のすぐ横を通り過ぎる時、
 「この人…似てる…同じクラスでよかった」という呟いたのが拓巳には聞こえる。
 
 171 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:18:17 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 夜、食事をコンビニに買いに外に出ると、街から人が消えていて、そんな中で車椅子の少年に会う。
 少年は言う。
 『僕のメッセージ、受け取ってくれた?』
 『その目だれの目、でしょ?』
 『目覚めるんだ、早く。でないともっとたくさんの人が、死んじゃうことになるから』
 少年は、『将軍』と名乗る。その顔は老人のように皺だらけで、
 頬はこけ、目の周囲が落ち窪み、瞳は白濁し、身体は子供のように小さい…
 拓巳は頭痛がしてうずくまる。いつしか、無音だった世界にリアルの声が戻る。
 梨深は優しく拓巳に声をかけ、取り乱す拓巳を抱きとめて落ち着かせる。
 拓巳は、これまで悪魔女と敵視した考えがゆらぐ。
 
 
 第4章【Di-Sword】
 街でセナを見かけて追いかけると、駅前の電車の中で待ち構えていて、自説を披露する。
 人間は電気仕掛けであり、神経パルスで世界を認識しているが、電気信号を神経パルスにコンバートする技術があれば、
 人の五感全て、さらには意志そのものも支配できるようになる。お前の見ている景色は本物か、と。
 帰宅後、ネット友のグリムに訊くと、セナが根拠として言ったVR技術の特許や、
 米政府の『機密の人体研究に対する保護の強化』などが事実と分かる。
 
 ネカフェにいくと優愛が現れて、あなたはDID(多重人格)なの、もうこれ以上人を殺さないでと言ってくる。
 拓巳はその場から逃げ出し、気がつくとファンタズムのライブハウス前にいた。
 FESは拓巳に、私についてきてと言い、2人で逃げる。
 FESも予言詩のことで警察に疑われていたのだった。FESは拓巳が追われているのは何故か尋ねる。
 拓巳は、優愛が僕が犯人だという妄想電波を警察にチクり、僕がニュージェネの犯人にされてしまうと答える。
 FESはそれを聞くと、きっとそれは大いなる存在による導きね、だから早く剣を見つけてと囁く。
 拓巳がディソードをもう持ってると言うと、
 FESは知ってるわと微笑み、大きなオモチャを抱きしめて歩いているのを見たからと言う。
 拓巳がFESに、本物のディソードをどうやって手に入れたらいいか訊くと、
 FESは表情を引き締め、何もない空間から剣を出してみせる。
 FESは、この剣は超越した場所──同一次元上にあるもう一つの可能性、
 あるいは妄想──に干渉するためのもの、この剣もその領域に存在していると語る。
 
 172 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:22:28 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 本庁の刑事コンビは、参考人の拓巳とFESにつけた警察の尾行がまかれたという連絡を受けていた。
 刑事コンビも本来は尾行役だったが、新人に押し付けてニュージェネ事件の現場をまわっていた。
 判は、諏訪に、渋谷は何故若者を惹きつけるかについて弁をふるう。生物のバイオリズムには引力が影響しており、
 渋谷は、GEレート(重力のアンバランス)の平均が世界でもトップクラスである。
 もし事件現場全てのGEレートが異常値であれば、次の事件現場を予測することも可能だと。
 
 グリムからのEメールで、集団ダイブ事件を犯人が撮影した映像がmewtubeにUPされていて祭りになっていると知る。
 殺された被害者が飛び降りる直前に遺した言葉は『その目だれの目』。
 カメラの目線は低く、撮影者が前進する時だけ聞こえる鉄の軋む車椅子の音。
 僕は撮影者が誰だか知っている。あのとき僕の前に現れたのは現実だったんだね。『将軍』。
 
 
 第5章【妄想】
 『集団ダイブ事件』映像の流出で、ネットの祭りはもちろん、民放でも特番がくまれていた(ただし東テレを除く)。
 『集団ダイブ事件』の動画は、渋谷内のネカフェのROOM37のパソコンからアップされたものだと明らかになる。
 
 拓巳は、『将軍』や優愛に狙われて一人でいるのが怖くて不安になってるところ、梨深に助けを求め、
 梨深は一緒にいてあげると快諾する。
 拓巳はベースで、電気信号を神経パルスにできるなら逆に脳内の妄想を電気信号に再現できるのでは考え、
 ネットで調べ、それらしい特許を発見する。
 その技術は他人の神経パルスをモニタリングして思考盗撮できるもので、人工衛星を使ってさえ可能。
 拓巳は、ディソードを手に入れるのは妄想を現実に投影するような超能力なようなものかもと思って、
 オモチャのディソードを握り本物になれと念じる。
 すると、一緒にいた梨深が、厳しい顔つきでやめてと制止し、その剣は捨てたほうがいいと言う。
 さらに、どうしてディソードを買おうと思ったのか、本物を持ってるという女子とは誰かなどと、探りをいれてくる。
 梨深が飲み物を買いに行ってる間、グリムからニュージェネ第5の事件が発生したと連絡が入る。
 被害者が脳味噌を取り除かれ、脳死のような状態で衰弱死した『ノータリン事件』。
 その被害者は、かつて幼い拓巳を診察した精神科医だった。
 
 173 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:24:02 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 判刑事は、知り合いの調査会社社長の百瀬克子(モモちゃん)にニュージェネ事件の情報を聞きにきていた。
 『張り付け』で殺された大田教授はGEレートの講義をしており、
 教授によれば渋谷のGEレートは半年前から急上昇している。
 GEレートについては、企業、宗教、政治などが裏で関わっており、その筆頭は現与党の『明和党』。
 
 
 第6章【Noah】
 NOZOMIは、『ノア供戮亮存海箸靴董▲札ンドメルトを発生させる。
 渋谷を震源地に震度5強の地震が発生し、その直後に空が白く染まるという現象が起こる。
 その直前、拓巳の携帯に謎の番号から電話があり、携帯からは『通りゃんせ』のメロディと地響きのような音が流れ、
 拓巳は頭が沸騰するかのような感覚をうけ気絶する。
 次に目覚めると、ベースはめちゃくちゃで、ネットでは地震のニュースが流れていた。
 狙いすましたかのように、チャットに『将軍』がログインする。発言は「プレゼントを送る」と。
 拓巳はひとりは怖いと梨深を求めて学校へ。学校では、FESが屋上の縁に立っていた。
 ディソードを持って、天上の神に祈りを捧げるかのような姿勢で。
 FESは、この器は差し出すから魂を還るべき場所へ連れて行ってと、身を投げる。
 拓巳は、下はコンクリートだからあの高さから落ちたら死ぬ。せめて下が花壇ならと思う。
 FESは、花壇に落ちて命は助かる。拓巳は戦慄する。そこに、花壇なんかあったっけ……?
 騒動の後、梨深を探すのを諦めて公園に行くと、セナに話しかけられる。あの花壇をつくったのはお前だなと。
 ディソードなしで妄想を現実化するなんて、その力を誰に教わったと問い詰めるが、天成神光会と関係ないと分かると、
 これ以上エラーを作るな、他にもエラーを見たら教えろと言って去っていく。
 
 174 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:35:07 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 ベースのPCに将軍からメールが入る。
 『あやせさんが助かってよかった。さすが拓巳くん、ハイスコア更新だ。やっぱり君は特別だよ』
 『さて、次は西條七海ちゃんの番だね。兄妹だからドラマチックな展開になるといいんだけど』
 『そろそろ丸腰でクエストをこなすのも大変になってきただろう? 
 キミは勇者なんだから、勇者の剣を手に入れたい気分じゃないか?』
 『期待していてくれ』
 『では、七海ちゃん救出クエストを始めよう。今日の21時、O-FRONTの屋上まで来て欲しい。
 TVに映る予定だから、くれぐれも勇者らしい格好で来てくれ』
 『P.S. ところでプレゼントは受け取ってくれた?』
 拓巳が七海を案じて携帯で電話をかけると、ベースの中で着信音が響く。音の出所を探すと、見慣れない段ボール箱が。
 意を決して中を覗くと、そこにあったのは、キレイに切断されたか細い手首。
 その手が握っていたのは拓巳とお揃いのケータイ。
 その手首にはめられいているのは、黄色い革の部分が紅く染まってしまった、バングル。
 
 NOZOMIでは、第2世代ノア兇寮睫世鬚靴討い拭
 ノア兇魯轡淵廛垢凌牲佚礎J質受容体に電磁波で直接、映像パルスを照射し、幻覚を見せれる。
 特にGEレートの高いエリアの人々は、その擬似的映像を現実だと判断する。
 ノア兇離僖襯糠箸鯀受信ためのポートがあり、効果範囲も対象も限定的に使用するのに問題ない。
 引き続き計画は続行されることになる。300人委員会をも出し抜き、彼ら3人の目指す理想のために。
 
 屋上についた拓巳は、七海を人質にした将軍の声に従い、アクリル板の割れ目から街頭のギャラリーをのぞきこむ。
 集まったギャラリーとマスコミは歓声をあげ、街頭ビジョンには拓巳のリアルタイムの映像が映し出される。
 テロップには『渋谷駅前より完全生中継』『驚異のエスパー少年ついに登場!』『ニュージェネ犯人の正体を透視か!?』
 将軍は、キミにはそこから一歩も動かずにディソードを見つけてもらう、と言う。
 視界の中で剣を見つけた拓巳は、切り取ろうと手を伸ばすが、死にたくないと諦める。
 妄想で血塗れの七海にどうして助けてくれなかったのとなじられ、激情して将軍につかみかかる。
 しかし手応えはなく、ダーススパイダーのヘルメットが床に転がるだけだった。
 
 175 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:36:54 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 第7章【pychopath】
 その直後、マスコミが拓巳のもとを押し寄せ、拓巳は意識を失い病院に運び込まれる。
 目が覚めた拓巳が帰宅して、冷蔵庫に入れた手首を確かめてみると、手首は消えていた。
 ニュージェネ第6の『美味い手事件』が起こり、ニュースになる。
 拓巳は街中でDQNたちにからまれる。彼らはダーススパイダーの衣装を着た男に金で頼まれて拓巳をぼこる。
 
 病室にいる、みずからを『将軍』と呼ぶ彼。その病室に梨深が入ってくる。
 梨深は『将軍』に、西條拓巳は危険だから消すべきと言うが、
 『将軍』は、彼にはやってもらわなくちゃいけないことがあると梨深に返す。
 
 気絶した拓巳が目覚めると、何故かDQNたちはフルボッコにされていて、折原梢が泣きそうな顔で見ていた。
 梢はテレパシー能力があって、普段は喋らないが、拓巳の心になのら口調で話してくる。読心もできる。
 ここから離れたほうがいいという梢に従いついていく。
 こずぴぃ(梢の一人称)との会話で、梨深は脳内人物じゃなく実在してると確認できる。
 梢もディソードの持ち主だった。どうやって手に入れたか訊くと、殺してやりたいと願ったと答える。
 こずぴぃは東京に出てくるまで剣が怖くて仕方がないと思っていたが、
 メッセージボードを持ったホームレスと会話して、剣は自分だからと純粋な気持ちで依存するようになる。
 こずぴぃの話を聞いて、ディソードを知ってるなんてそのホームレスは何者だろうと拓巳は疑問に思う。
 そのホームレスは最後にこんなことを梢に言っていた。
 「”君たちは特別な存在だ。中でも一番特別なのは”」「”その目だれの目?を生み出した少年”」
 こずぴぃは、街中でセナを見かけて声をかける。2人は知り合いだった。3人でガルガリ君を買いに行く。
 
 176 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:39:12 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 セナは語る。ディソードは、あらゆるリアルブートのためのショートカット的存在。
 ディソードとディラックの海とのチャネルを大きくすることで、ディラック方程式により粒子と反粒子を作り出せる。
 この粒子こそがギガロマニアックスが生み出す妄想、世界にとってのエラー。
 そのエラーを現実とするには、作り出した粒子を他人のデッドスポットに送り込み、
 粒子は電気信号に変換され、周囲共通認識となる。
 ディソードはリアルブートをしていないと妄想の剣でしかなく、ギガロマニアックスにしか見えないが、
 周囲共通認識が成立して、リアルブートすれば現実になる。
 妄想を現実にする行為にはリスクがつきまとい、粒子とともに対生成される反粒子はディソードにストックされていく。
 反粒子は数学的に言えば過去に向かうものだから、ストックすればするほど、
 ギガロマニアックスには現在の状態とのずれが発生し、やがてその矛盾により、存在としての自己崩壊へ至る。
 こずぴぃも実は妄想を音声として送り込んでいるだけ。
 読心は、ギガロマニアックスは他人の妄想を見ることができ、こずぴぃは特にその能力が高いから。
 こずぴぃは心の声によるノイローゼで、高2のとき殺してやりたいという本能に支配され、覚醒し、
 同級生をリアルブートしたディソードで襲い掛かった。
 
 
 第8章【Ir2】
 判は優愛と会っていた。優愛は『集団ダイブ』で死んだ美愛の双子の姉だった。
 美愛の両親は、事件の報せを受けた日は悲しんだが、次の日になるといつものように笑っており、
 美愛のことについて話しても、「お前に妹なんていないよ」と、おかしくなってしまった。
 
 判の携帯にニュージェネ第7の事件の知らせがはいる。
 DQN3人が身体を両断され、それぞれの半身を入れ替えて縫合されている。
 ガイシャの胴体は切断されのではなく、強い力でひきちぎられたものと、解剖の結果分かる。
 
 『DQNパズル事件』に関して、グリムから拓巳に連絡がある。被害者3人の顔写真、拓巳はその顔に見覚えがあった。
 
 177 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 22:46:06 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 拓巳は、何か手がかりになるかもと、子供のころ書いた『その目だれの目?』の作文を読み返す。
 作文用紙の裏には落書きがしてあり、『将軍』がチャットで書いたものと同じ公式が書かれていた。
 
 優愛は、判から『張り付け』の凶器の杭からは拓巳の指紋が検出されなかったと聞いて、
 拓巳を犯人扱いしたことに罪悪感を覚える。
 判は、優愛に、何もないところから剣を出す手品について訊く。
 優愛は、拓巳とFESをストーキングした時、FESが剣を出したのを見たことを話す。
 雑談の中で、金曜日に毎週新作が発売される『ゲロカエルん』と、毎週末に規則的に増加するGEレートがつながる。
 
 拓巳は、投身自殺未遂したFESの見舞いに病院へ行く。
 そこで看護師の葉月のクリップボードにグリムが描いたのと同じ絵が描かれているのを見る。
 病室でFESは、自分が覚醒したのは、アークハートメディカル会の施設職員があるとき入れ替わり、
 それ以来、様々な拷問を受けるようになり、心が壊れる間際に大いなる意志の声が聞こえて、
 剣を召喚できるようになったと、過去を語る
 そして、グラジオールの黒騎士は七人すべて渋谷に集まっており、後は覚醒を待つだけ、
 キミも騎士のひとりだから、試練を乗り越えた時、ディソードは召喚される。
 一緒に邪心王グラジオールを倒すのよ、急がないと世界は滅びるわ、と語る。
 帰る途中、病院のロビーで『張り付け事件』の容疑者・小前田が逮捕というニュースを見る。
 携帯電話に七海から電話がかかってくる。「おにぃ…ナナの右手を、返して」
 
 セナとこずぴぃは、拓巳の留守中に家に侵入し、そこで作文を発見してIr2を生み出した張本人が拓巳だと認識する。
 拓巳は七海が気になり、ベース前で梨深に実家までついてきてほしいと頼むが、
 梨深は行きたくないと拒否し、実家には戻らないで、あなたは何も知らなくていい、
 このコンテナハウスだけで生きてもらわないと困ると、切迫して言う。
 その時、甲高い音が響く。光の方へ顔を向けると、コンテナハウスの上にディソードを持ったセナが。
 
 178 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 23:24:13 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 セナは、作文を書いたのはお前かと拓巳を問い詰め、そうだと答えると拓巳を殺そうとする。
 梨深は、拓巳を庇い、ディソードを召喚してセナの剣を受け止める。
 梨深も、ギガロマニアックスだった。
 そこにホームレスの男が現れる。セナが探し続けていた男は、
 お前の母さんのおかげで素晴らしい実験結果が出た、母さんは世界のために役立ったんだ、と言う。
 激情したセナは男を殺す。それが、セナの念願だった。
 セナに声がささやく。『お前が、望んだ妄想だ』『あなたが、望んだ妄想だよ』
 その言葉で妄想を読まれた精神攻撃だと悟る。
 セナは泣きじゃくって、渋谷の混乱は全部あの公式が発端で、
 お前の生み出したものが世界を滅ぼすかもしれないと、むき出しの感情を拓巳にぶつけるが、
 梨深は、タクは何も知らないからそれ以上言わないでと言う。
 セナはIr2を元に作られた装置によって、ギガロマニアックスは異常ではなくなり、
 誰もが力を自由に使えるようになると語る。
 こずぴぃの、やっぱりあの人の言った通り拓巳しゃんはすごいのらという発言で、セナはホームレスの男の消息を知る。
 
 ひとつの実験があった。”彼”は希テクノロジー社の研究員。天成神光会の信者。
 極秘裏に行われていたプロジェクト・ノアの中心人物であり、fun^10×int^40=Ir2について解読した男でもあった。
 ”彼”は実験のために、出産間際の妻を差し出した。妻が社宅だと思った部屋にはノア競廛蹈肇織ぅ廚設置しており、
 思考盗撮、視覚投影、五感制御。それらの効果を、人体実験によって確かめる。
 次女につけられた名前から、その実験はマナ実験と呼ばれた。
 マナが、生後1ヶ月で死んだ。死因は不明だった。妻の目にはマナは生きていると映っていた。
 それはノア競廛蹈肇織ぅ廚留洞舛任△蝓◆蛭燹匹發い弔靴ノア兇隆粟ではなく、
 妻に夢を見続けさせることが目的になった。
 そうして2年近く続けられた実験は、雇い主の唐突な言葉で終わりを告げた。
 ”彼”は必死に抵抗し、そのためプロジェクトから外された。
 ”彼”は温情として、実験場が閉鎖される日、同席を許された。”彼”の長女もまた同席させられていた。
 そして、装置は止められ、夢は、終わり、妻は壊れた。狂ってマナを食べて死んだ。
 妻を看取った数日後、”彼”は姿を消した。
 
 179 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 23:36:19 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 梨深は制止するが、拓巳は”実家”に向かう。そこに、見知った家はなかった。
 未視感だとつぶやく拓巳の言葉を、梨深は即座に否定する。「違うよ。この世界に──タクの帰る場所はないの」
 
 『将軍』は病院の廊下を車椅子で進んでいた。すれ違った看護師は誰も、彼を認識できなかった。
 病室のドアがひとつあった。『将軍』はドアを開け中へ入っていく。そこは、幻の病室。誰も知らない部屋。
 入院している患者を示すネームプレートに書かれた名は──『西條拓巳』
 
 
 第9章【giga-lo-maniac】
 「あなたは……妄想の存在なんだよ」
 拓巳は、ギガロマニアックスの妄想によって、1年半前に生み出された人間。
 拓巳を妄想したのは『将軍』。拓巳の妄想力はとても強く、妄想すればするほど『将軍』の命が削られる。
 梨深は、これ以上妄想しないでとお願いして、七海を誘拐した者のところへ行く。
 
 優愛と判とモモちゃんは、調査で分かったことを話し合い、
 黒幕が明和党、希グループ、天成神光会であると、目星をつける。
 そこで、判の携帯に、諏訪が拉致されたらしいという電話がかかってくる。どうやらAH東京総合病院にいるらしい。
 
 判は病院で諏訪に拳銃で撃たれて殺される。病院までついてきた優愛は、美愛の姿をみかけて追う。
 優愛は、妄想の美愛に殺されそうになるが、ディソードに覚醒する。
 美愛を切ると正体を現す。それはポートを持ったポーターだった。
 FESがポートを剣で切る。そして、優愛にむかってキミもグラジオールの騎士だったのねと言う。
 
 梨深は、既に稼動しているノア兇料阿砲い拭七海がそこに囚われていた。
 希グループ社長の野呂瀬玄一は七海に妄想を見せ、梨深と敵対させる。
 梨深は精神攻撃を受けて負け、囚われてしまう。
 
 180 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 23:43:23 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 拓巳は、ベースで妄想の七海と話をする。抱きしめようとするが、七海は粒子になって消える。
 拓巳は殺されたくなって、星来たんの言葉に従い、音を追いかける。
 いつの間にか拓巳はスクランブル交差点にいた。
 グリムが予告していたように、祭りになってギャラリーがおしかけていた。
 マスコミの前で、拓巳はニュージェネ事件への関与を認める発言をして、殺してと言う。
 ギャラリーは暴徒になり拓巳に襲い掛かる。
 
 そんな拓巳に『将軍』の声がかかってくる。君はここ死んじゃいけないと。
 O-FRONTの時の、自称『将軍』は本物の拓巳ではなかった。
 『将軍』は、動き出した全ての黒幕を止められるのは君だけと言う。
 ノア兇牢に稼動しており、この祭りが企図された目的は無差別人体実験。
 このままだとノア兇砲茲辰董一部の者にあらゆる人は支配されてしまう。だから『将軍』は拓巳に託した。
 全ては、『将軍』がIr2を妄想したために始まった。
 だが『将軍』は満足に動くこともできない身体。それで、拓巳を生み出した。
 梨深は、梨深という人格が妄想で生みだされた時には、監禁されて拷問されていた。世界は闇しかなかった。
 しかし、妄想が『将軍』とシンクロして、青い空ができた。
 「あの空は、どこにあるの?」
 『君が、望めば、どこにでも』
 「望んで、いいの……?」
 『もちろんだよ』
 『自分のデッドスポットに、望む色を当てはめてごらん。そうすれば──』
 『君の望む世界の色を、作り出せる』
 『世界は、君の望みに応えてくれるよ』
 その出会いから、何日か何ヶ月かたって、『将軍』の病室に梨深がやってきた
 梨深は『拓巳』に救われたから、今度は『拓巳』に力になりたいとおもった。
 梨深の、過去。梨深の、想い。梨深の、覚悟。それを思い出して、タクは胸が締め付けられる。
 梨深は、タクの近くにいることで監視して、タクを覚醒させないようにしていた。
 拓巳は自分の気持ちに気づく。僕は梨深が、好きなんだ。
 この1ヶ月の想い出は、僕と、梨深、2人の周囲共通認識。
 他のすべてがまやかしだったとしても。
 この想い出と。それを積み重ねて生まれた気持ちは。本物だ──
 
 181 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 23:45:40 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 拓巳は『将軍』に対し、僕は世界を救うなんてどうでもいい。ただ、僕は、梨深を助けると、自分の意志を伝える。
 拓巳は、大切な人を助け出すために、どうしても必要なんだという想いで、ディソードの召喚に成功する。
 暴動を引き起こしている、ノア兇涼舎であるポートがバイオリズムを高騰させているので、破壊するために探し出す。
 これまで拓巳は無意識に様々な人の思考を盗撮してきた。それらがヒントを与える。
 こずぴぃのようにチャネルを開放し、ポーターたちの妄想を盗聴して、居場所を発見する。
 標的の方向にいる群衆の妄想をハックし、立ち場所をずらして道をつくる。
 投擲したディソードは、物理法則を無視して、妄想のままに正確無比に飛翔する。
 1人、2人と、ポートを破壊する。そして3人目のポーター、葉月=グリム、そしてニュージェネ事件の真犯人、
 その妄想をハックして、犯行の記憶を街頭ビジョンに投影する。
 葉月は、すべては教祖様のお言葉だと言い遺して、メスで自らの頚動脈を切って殉教する。
 空が白く染まり、ノア兇砲茲襯機璽疋瓮襯箸発生する。渋谷は関東大震災クラスの地震に見舞われる。
 
 
 第10章【blue sky】
 拓巳と『将軍』は心象世界で話をする。『将軍』は早老症で、もうじき死ぬ。
 物心ついたときからギガロマニアックスとしての力を、意識的にしろ、無意識的にしろ、何度も使ってきた。
 だから、存在としての矛盾が大きくなりすぎた。
 『将軍』の作文は、ある科学者の目に留まり、
 人工的にギガロマニアックスの能力を発生させる装置、プロジェクト・ノアの研究が始められる。
 梨深の拷問はプロジェクトの一環であり、梨深と会ったことで、『将軍』は計画に気づいた。
 
 優愛とFESは、混沌とする街で、七海を発見する。地面が陥没して、3人は巻き込まれる。
 拓巳は気絶した『将軍』を背負うと、ノア兇両貊蠅鮹里襪燭瓠▲札覆良秧討稜搬震邂貔を探す。
 その途中、拓巳はFESたちを見つけて、妄想によって瓦礫の下から救出する。
 そして七海は実の兄に再会する。バングルは『将軍』のポケットに入っていた。
 七海と『将軍』をモモちゃんに預け、手分けして波多野を探す。
 
 182 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 23:51:25 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 セナとこずぴぃは、波多野を発見する。セナは父を殺そうとするが、
 波多野はセナをかばって突き飛ばし、諏訪に撃たれる。
 セナとこずぴぃは、諏訪から妄想による精神攻撃を受ける。拓巳は、こずぴぃの心の悲鳴を聞き、かけつける。
 諏訪はリアルブートした十字架の杭を拓巳に投擲して打ち付ける。
 拓巳は妄想シンクロにより、拓巳と諏訪の立場を入れ替える。拓巳の負傷は消え去り、諏訪が『張り付け』にされる。
 波多野は死ぬ間際に、セナの心にノア兇両貊蠅鯏舛┐襦
 
 明和党の衆議院議員・猪鼻康三と、天成神光会教祖・倉持雄大は、ノア兇鮓て満足げにうなずいた。
 希カンパニー社長の野呂瀬は、ノア兇領呂亮賊蕕如■何佑詫兀僂澆判菠する。
 ノア兇遼気蕕砲蓮⊆軍い魏鯤するかわりに人質になった梨深が囚われていた。
 野呂瀬は、ノア兇鬚茲蟯袷瓦覆發里箸垢襪燭瓩法
 ニシジョウタクミの脳波CODEサンプルを待ち望み、梨深はその餌だった。
 
 拓巳は、ノア兇妨かう途中、リアルブートされた3桁に及ぶ数の等身大の星来たんに襲われ、負傷する。
 星来たんは、アニメじゃないかという妄想で、すべての星来はあるべき姿に戻る。
 
 ノア兇里發箸肪り着いた拓巳に、野呂瀬が演説する。
 ギガロマニアックスとして覚醒して数十年、人間の醜い負の妄想を見続けてきたが、
 ノア兇砲茲辰得粁な心に漂白できると。
 拓巳は、ノア兇鬟妊ソードで壊そうとするが、ノア兇亮己防衛機能により意志が歪ませられる。
 ノア兇鰐醢だグ奮斡瓩鼎韻覆ぁ
 野呂瀬はディソードで拓巳を殺そうとするが、梨深がかばう。
 しかし、拓巳は、妄想の声によって、そんな梨深を犯しそうになる。
 それを否定すると、今度は巨大な杭で串刺しにされる。
 3日間、串刺しの妄想の痛みに耐えるが、現実に帰ると1秒しか経過していない。
 野呂瀬はディソードで拓巳を両断し、死ぬまでの数分の間に脳波のサンプルをとろうと言う。
 拓巳は、人としての存在を否定され、形を保っていられなくなる。
 
 183 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 23:53:16 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 西條七海が、祈る。兄とともに収容された病院で。実の兄の、しわくちゃの手を握りしめて。
 右手の痛みに耐えて。もうひとりの兄の無事を。
 
 楠優愛が、祈る。倒壊したビルの瓦礫。そこに埋もれるように横たわるコンテナの中で。
 ”彼”の美少女フィギュアのひとつを握りしめて。
 地震と火事で醜く変形してしまったフィギュアたちの姿に感じた、胸の痛みに耐えて。
 彼女を許してくれた少年の無事を。
 
 岸本あやせが、祈る。避難所となっている、翠明学園。その校舎の屋上で。神話が書かれた文庫本を握りしめて。
 崩壊した渋谷を覆う、不特定多数の妄想が見せる悪意の痛みに耐え。
 彼女の歌を、彼女の話を、聞いてくれた少年の無事を。
 
 折原梢が、祈る。神泉駅の、薄暗いホーム。蒼井セナの、震える手を握りしめて。
 足の傷の痛みに耐えて。心の声で語り合ったクラスメイトの少年の無事を。
 
 蒼井セナが、祈る。横たわる父の傍らに座り。父の、冷たくなった手を握りしめて。
 最後まで素直になれなかった後悔の痛みに耐えて。
 彼女の”お願い”に、不器用ながら応えようとしてくれた少年の無事を。
 
 咲畑梨深が、祈る。冷たい床に横たわりながら。”彼”へ伸ばした自らの手を、きつく握りしめて。
 傷だらけの”彼”の姿を見て感じた、締め付けられるような胸の痛みに耐えて。
 自分が守ろうとした、自分を助けに来てくれた少年の無事を。
 
 『僕はなにもできなかった』
 『君が、行動したんだ』
 『その結果として、みんなが君のことを見てきた』
 『君という周囲共通認識は、とっくに、できあがっているんだ』
 『これからは、いや、もうすでに』
 『君こそが──』
 「僕は──」
 
 184 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/13(日) 23:55:57 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 「タクーっ!」
 その声が聞こえた瞬間に。意識が僕を固定した。僕は、僕としての形に、戻る。
 身体の傷は治っていた。上半身と下半身は繋がっていた。
 拓巳は、妄想による精神攻撃に打ち勝った。野呂瀬は現実で拓巳を切るが、1秒後には拓巳は完全に再生する。
 肉体の形を捨てたがゆえに、いかなる形をもとれる。
 人としての形を保てなくなった──その妄想を取り込み、拓巳は自分のものにした。
 これは再生ではなく。補充。
 失われた部分は。拓巳の体内から無限に増殖する塵から、再び肉を、骨を作り出し。補う。脳を失っても。
 野呂瀬は自分では勝てないと悟る。
 ディソードによる物理攻撃は通用しない。存在理由を否定する妄想攻撃は逆に取り込まれた。
 野呂瀬は、ノア兇領呂鰺用し、無数の反粒子をぶつけて自己崩壊させるべきだと考える。その妄想は拓巳に読まれる。
 拓巳は、反粒子により形成された黒き大蛇で野呂瀬をとらえ、先端に野呂瀬を刺したままノア兇紡膽悗鯡埒覆気擦襦
 ノア兇亮己防衛機能、妄想の結界は打ち破られ、装置は爆発する。
 
 ■Aルート
 崩壊した渋谷に横たわる拓巳。
 梨深は、拓巳が生きていると『将軍』の残り少ない寿命が縮むため、拓巳を殺そうとする。
 (※trueフラグがないとそのまま殺される。ビシィさんがラスボスと言われる所以)
 しかし、殺せなくて、拓巳が好きだと気持ちを吐露する。拓巳が生を選んだ瞬間、『将軍』は死ぬ。
 拓巳も、梨深へ想いを伝える。
 2人は周囲共通認識で、心象風景のあの青い空を作り出す。
 
 七海は病室でタクミ(オリジナル)の手を、右手でしっかり握っている。
 アニメ(妄想)であり、拓巳の弱い心の象徴であった、星来たん覚醒後フィギュアは、
 瓦礫の上に放置されて横たわっていて、その表情は無表情。しかし同じように青い空を見上げている。
 
 185 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 00:00:14 ID:rvTAgROB ?2BP(0)
 ■Bルート
 ”その目だれの目?”フラグを回収する以外は、10章の途中まで同じ。
 セナが波多野と会う所から分岐。セナは野呂瀬と波多野を見て、元凶である野呂瀬を切る。
 しかしそれは、妄想で野呂瀬に見せられていた波多野だった。次の瞬間、波多野だったほうは諏訪に変わる。
 セナは心が壊れてリタイヤ。
 拓巳がかけつけるが、葉月を殺されてぶち切れてた諏訪が、心を殺してやると拓巳に妄想を見せる。
 これまでのニュージェネ事件を、被害者の立場で追体験させられる。
 『集団ダイブ』は、ダーススパイダー諏訪によって、被害者5人は刃物を持って迫る群衆の妄想から逃げるため、
 存在しない階段の妄想に向かって足を踏み出し、ダイブする。
 『妊娠男』は、ダース諏訪に拉致され、葉月のお腹の子供を、麻酔なしで腹を切開されてつめこまれる。
 つめこんだ所で葉月は気絶するが、諏訪が傷口を縫う。
 『張り付け』は、実行犯の小前田が、妄想ハックにより被害者を絞殺する。
 被害者が何度もゾンビのように蘇ってくるように見えるので、十字架の杭を何度も打ち込む。黒幕はダース諏訪。
 『ヴァンパイ屋』は、全身の血を葉月に抜かれる。
 『ノータリン』は、葉月にスプーンで脳をすくわれる。
 『美味い手』は、ダース諏訪が被害者の右手を指し、「それ、おいしそうっスね」と声をかける。
 被害者は、妄想で食欲が刺激され、たまらず食らいつき、右手をのみこんで窒息死する。
 『DQNパズル』は、拓巳にボコボコにされた3人組が、ダース諏訪に文句を言うと、
 諏訪はキミたち用済みと、スパークウォーズのエイリアンをリアルブートして、3人組の身体をひきちぎる。
 
 186 名前:CHAOS;HEAD[sage] 投稿日:2009/12/14(月) 00:04:57 ID:SAl4fDx/ ?2BP(0)
 諏訪はノア兇涼舎であるポートの力で、拓巳の心を殺すことに成功する。
 諏訪は、幼馴染であり恋人である葉月を自殺に追いやった拓巳が許せなかった。
 2人は、天成神光会の信者で、教祖様の命令にはなんでも従う。
 ニュージェネ事件は、タクを覚醒させてからCODEサンプルをとるか、タクミを誘い出してサンプルをとるため。
 拓巳は、ノア兇料阿墨△譴討海蕕譴襦こずぴぃはひどい拷問が現在進行中。
 梨深は、あなたなら止められると、拓巳の拘束を外す。拓巳はディソードを召喚する。野呂瀬は驚く。
 拓巳は、ノア玉椶けて、全ての力を解き放つ。──2ヵ月後、事件は解決され、拓巳はハーレムで幸せ。
 でもそれは妄想。野呂瀬がCODEサンプルを採取し終えると、
 拓巳はもう用済みだからいつ死んでもいいですよと放り出される。
 拓巳は自分が幸せな妄想に逃避していたことを悟り、
 僕は結局、価値のない人間だったんだ、そのうち誰か殺してくれるだろうと、さっきの妄想の続きに戻ることにする。
 
 OPと同じ崩壊した都市の場面にうつるが、視点の主は梨深。
 拓巳を楽にするために、梨深は拓巳を殺す。
 青い空はどこにもなく、ただ鈍色の空がひろがるのみ。梨深は空に手を伸ばす。
 誰か、教えて、あたしたちのあの空は、何処へ行っちゃったんだろう──

選択肢 投票
661  
分かりやすかった 26  
長さ・短さに不満がある 31  
内容・記述に間違いがある 21  

スポンサード リンク
スポンサード リンク