どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
スポンサード リンク

スポンサード リンク

メモリーズオフ

 57 名前:メモリーズオフ(1/4) :2005/05/08(日) 20:26:39 ID:TlOJNDjr
  初代メモリーズオフ
 
  ヒロインは5人。攻略に失敗すると彩花エンド(いわゆるバッドエンド)になる。
  彩花: 幼馴染その1。故人。
  唯笑: 幼馴染その2。メインヒロイン。
  詩音: 転校生その1。帰国子女でツンデレ担当。
  かおる: 転校生その2。なんか印象薄い。
  みなも: 病弱、ロリ、ツインテール、後輩。彩花のいとこ。
  小夜美: 購買部のお姉さん。ビューリホー女子大生。
 
  主人公、智也には幼馴染兼恋人の彩花がいたが、彩花は交通事故で死んでしまう。
  自分のせいで彩花が事故にあったと思う智也は、彩花のことをいつまでも忘れられず、
  毎日を無気力にすごしていた。
  やがて季節はずれの転校生x2が来たり、購買部に女子大生のバイトが来たり、
  智也の日々はすこしずつ変化していく。
 
 58 名前:メモリーズオフ(2/4) :2005/05/08(日) 20:28:17 ID:TlOJNDjr
  *彩花 (共通バッドエンド)
  智也は新しい出会いを経ても彩花と過ごした過去をふりきることができなかった。
  もう少しだけ時間がたてば、傷も癒えて新しい生活をおくることができると信じて、
  智也は彩花との思い出にひたるのだった。
 
  *唯笑 (唯笑のみエンドが2種類あるが基本的な展開は同じ)
  幼馴染の唯笑は昔から智也が好きだったが、彩花に遠慮して気持ちを隠していた。
  智也も、ずっとそばにいて智也を支えていてくれた唯笑のことを意識していた。
  しかし彩花がいなくなってからも、ふたりは互いに一歩をふみだせないでいた。
  ある日智也は放課後の教室でひとりで泣いている唯笑を見つける。
  次の日、智也の下駄箱にワープロ書きの手紙が入っていた。
  「雨はいつあがる?」
  それは、雨の降る日に彩花を失なって心を閉ざした智也への批難だった。
  なんとなくそれ以来、唯笑と智也はぎこちない関係になる。
  そんな時、智也の親友が唯笑をデートに誘う。智也はいらだちを隠せない。
  智也は自分が唯笑を傷つけてきたと知り、デート中の唯笑を見つけて連れさる。
  唯笑はずっと抑えてきた恋心を智也にぶつけ、智也もそれを受けいれる。
  しかし、智也は最後まで彩花の面影をふっきることができなかった。
  唯笑は、自分では彩花の代わりにはなれない、と言い残して去ってしまう。
  智也は彩花と唯笑と3人で撮った昔の写真を見て、唯笑の言葉を思いだす。
  「たとえ離れ離れになっても、心の中では3人はいつまでもいっしょ」
  彩花はいなくなったのではなく、ふたりの心のに、永遠に生きている。
  そう気づいた智也は、唯笑と共に新しい日々を歩いていくことを決意したのだった。
 
 59 名前:メモリーズオフ(3/4) :2005/05/08(日) 20:29:08 ID:TlOJNDjr
  *詩音
  詩音の父は有名な遺跡発掘家で、世界中を旅している。
  北欧系の血をひいている詩音は、幼い頃に日本で外人扱いされていじめられ、
  それ以来日本人に対しては冷淡に接するようになった。
  智也と詩音はいっしょにテスト勉強したり遊びにいったりするうち、お互いにひかれあっていく。
  しかし智也は、詩音の長い髪と落ち着いた物腰に、つい彩花の面影をみてしまう。
  智也は過去をふっきるため、彩花のことを詩音に話した上でデートに誘う。
  デート当日、雨の中で待ちつづけるが詩音は来なかった。
  風邪をひいて寝こんだ智也の家にクラスメイトがやってきて、詩音の手紙をわたす。
  そこには、急に転校が決まったこと、智也に別れを告げるのが怖くて黙っていたこと、
  そして今日が出発の日であることが書かれてあった。
  智也は家を飛びだし、駅前で詩音を見つける。
  智也は大切な人を二度と失ないたくない気持ちを詩音にぶつけ、詩音も智也と離れたくないと答える。
  詩音は日本に残ることになって、めでたしめでたし。
 
  *かおる
  明るくさっぱりした性格のかおるだが、智也はどことなく「作られた笑顔」という印象をうける。
  いっしょにテスト勉強したり遊びにいったりするうち、お互い名前で呼びあう関係に。
  智也とかおるは初めてのデートで映画を見にいくが、スタッフロールを見たかおるの様子がおかしくなる。
  実は、かおるには引っ越す前の町でつきあっていた恋人がいた。
  その元恋人は映画作りの夢をおいかけていて、かおるはそれに遠慮する形でふたりの関係はフェードアウト。
  ケジメをつけられなかったことにかおるは引け目を感じていたのだった。
  智也と見た映画のスタッフにその名前を見つけ、かおるは元恋人が順調に夢を実現しつつあると知る。
  そこへ、なぜか元恋人が登場。
  紆余曲折あったが、かおるは元恋人の、智也は彩花の、それぞれ過去と決別し、ハッピーエンド。
 
 60 名前:メモリーズオフ(4/4) :2005/05/08(日) 20:29:48 ID:TlOJNDjr
  *みなも
  幼い頃から病弱で入院をくりかえしていたみなもは、永遠に美しさが残る絵に憧れていた。
  智也と出会って仲良くなり、いつかいっしょに海を見にいこうと約束するが、
  病状は悪化を続け、ついに長期入院をすることになった。
  智也はみなもの主治医から、みなもの症状はかなり重く移植手術しか治療の道はないこと、
  ドナーが見つかる可能性はきわめて低いこと、
  適合するいとこ(=彩花)がいたが、事故で死んでしまったことを告げる。
  日に日にやつれていくみなもを前に、智也は自己嫌悪に陥る。
  ある夜、残された時間は少ないと悟ったみなもは病院を抜けだし、智也の家へやってくる。
  ふたりは夜の海を目指す。
  海は、夜明けの光をうけて金色に輝いていた…
 
  *小夜美
  購買部のおばちゃんが腰を痛めて、その間のヘルプにやってきた。
  年上だがどこか頼りない小夜美の手伝いなどしている内に、智也は小夜美のことを意識するようになる。
  やがておばちゃんが復帰するが、そのことになぜか寂しさを感じる。
  寂しさの原因は小夜美が好きだったからと気づいた智也は、意を決して小夜美をデートに誘う。
  デートの帰り、小夜美から智也と同い年の弟の話を聞かされる。
  小夜美は、事故で死んだ弟の姿を智也と重ねていたのだった。
  智也は腹を立てるがあっさりと和解してこれからもよろしくねのハッピーエンド。

選択肢 投票
35  
参考になった 2  
参考にならなかった 0  
分かりやすかった 1  
分かりにくかった 0  
長い 0  
程よい長さ 0  
短くまとまってる 1  
短すぎる 1  
内容・記述に間違いがある 0  

スポンサード リンク
スポンサード リンク