どきどきワクワク生徒会ラブコメ ティンクル☆くるせいだーす GoGo!
スポンサード リンク

スポンサード リンク

セパレイトハーツ

723 名前:セパレイトハーツ :2006/11/22(水) 01:32:18 ID:7H3OT5LC
  あらすじ(公式から引用)

  天台高校に通う星川純一はバイクの運転中に事故にあってしまう。
  体の方は幸い軽症で済むが、頭を打ってしまったせいか記憶を失っていた。
  そして、ぼんやりとした記憶のまま学校生活に復帰する。
  親友という鏡見透に助けられながら学校に着いた純一は、ひとつだけ空いた席が気になってしまう。
  透に尋ねた純一は、彼の口からその席は日向ひかりの席で、彼女は失踪してしまったと教えられる。
  しかも、彼女は純一と付き合っていたと言われるのであった。

  彼女のことをまったく思い出せない純一だったが、
  日々の生活で周りの少女たちとのふれあいに何故か「ひかり」の面影を感じるようになる。

  彼が感じた面影とは?

  そして、彼女が失踪した理由とは?

  全ての答えは記憶の彼方に……


724 名前:セパレイトハーツ :2006/11/22(水) 01:40:24 ID:7H3OT5LC
  攻略ルートは決められていて「光の三原色ルート」である朱・藍・碧の
  バッドエンディングを全て見ることでトゥルールートであるひかりルートが開放される仕組み。

  トゥルールートは三人の一人のバッドエンドから直結しており
  各ルートでのエピソードは夢として扱われゲーム初日から再スタートされる。
  しかしあらゆる場面でエピソードに応じた既視感に襲われる。
  その都度主人公は親友である鏡見透に疑問を投げかけるが、透は余計なことは考えず忘れるように促すばかりで
  自分で思い出そうとしても頭痛や目眩のためにうまくいかず主人公は苛立つ。
  無理を押して透に詰め寄ろうとしたところ、またもや頭痛と目眩に襲われ意識を失う。

  次に意識が回復した場所は教室で目の前には何故か日向ひかりがいた。
  ゲーム初日から三週間前、つまり事故に合う一週間前に遡っていたのだった。
  ひかりとの一週間を過ごすうちに主人公は失った記憶を徐々に取り戻していった。
  同時にひかりに対する想いも蘇えりひかりを失いたくないと考えた主人公は
  過去と異なる行動を取ることで事故を回避しようとする。
  しかし、その瞬間周りから人は消え去り、主人公と透の二人きりになる。
  そこで主人公は透に対して疑問をぶつけ、透はついに真実を明らかにする。

  透は主人公が幼い頃に父親から虐待を受けており、
  その現実から逃避するために作り出したもう1つの人格だった。
  (その父親と母親は離婚し、母親は再婚した模様。鏡見は主人公の旧姓である。)
  透は主人公が目を背けたい現実から守るために存在しており、
  現在に至るまで親友としてその役割を担い続けていた。
  現実の世界で自分のせいでひかりを事故に合わせてしまい、
  ひかりを失ってしまったと思い込んだ主人公は偽りの世界で全てを忘れようとした。

  透は再び全てを忘れるように促すが、主人公は真実を受け止める覚悟を決めて
  透に再び一つになるように申し入れる。
  主人公の決心を聞いた透はどこか安心した様子で失った記憶と共に主人公の中へと還っていった。

725 名前:セパレイトハーツ :2006/11/22(水) 01:45:52 ID:7H3OT5LC
  名前から分かるとおり赤・青・緑はメインヒロインであるひかりを構成するもので
  それぞれは実在しないキャラクターとなっている。
  彼女達は存在する世界は主人公の「別れた心」である透が作り出した世界にのみ存在している。
  しかし、偽りの世界で出会った三人のキャラクターと恋をする過程で
  どうしても忘れてしまったひかりが気にかかり
  また、三人それぞれにひかりの面影を感じてしまい(ひかりの個性をうけついでいるため当たり前のことだが)、
  その結果バッドエンディングとして彼女達を失ってしまう結末を迎える。
  バイクでひかりと出かけた帰り道に事故に合いひかりを失ってしまったと思った主人公。
  その現実と重ねていたことと思われる。

  しかし、現実の世界でひかりは死んでおらず奇跡的に軽傷ですんでいた。
  意識不明で病院に収容されていた主人公に付き添っていたひかりは主人公が意識を回復したことに泣いて喜ぶ。
  主人公はこれからもひかりと共に生きていこうと心に誓った。

  以上がトゥルールートの大まかな流れである。
  これまで一切書いてこなかったが「真夜」という名のヒロインも存在しており、
  ひかりと並ぶ幼馴染ヒロインとしての地位を得ている。
  主人公を争ってひかりと喧嘩したという過去がある
  このヒロインのエンディングはどちらかというとバッドエンドに属しているので詳細は書かないが、
  真夜は幼い頃に病気で亡くなっており、高校一年生として成長した姿で登場しているのは
  主人公と幼い頃に交わした約束を実現させようとしたためである。
  その約束というのは「おおきくなったら純ちゃん(主人公)のおよめさんになる」といったもので、
  主人公がその約束を思い出し、真夜に対してその約束の履行を誓うと
  永遠にあっちの世界に行ってしまうというエンディングを迎えてしまう。

  全てのエンディングを見た後に真夜にも配慮した選択肢を選びひかりエンディングを迎えると
  トゥルーエンディングを見ることができ、そこではひかりと真夜の仲直りを見ることができる。

  長文失礼。セパレイトハーツでした。

選択肢 投票
11  
分かりやすかった 3  
長さ・短さに不満がある 0  
内容・記述に間違いがある 0  

スポンサード リンク
スポンサード リンク