steinsgate
スポンサード リンク

スポンサード リンク

てんたま

615 :てんたま 人物紹介1:2006/03/20(月) 01:11:46 ID:oXlMH26Y
  ほいじゃ、プロローグに入る前に軽く人物紹介でも。
  (説明書より一部抜粋)
 
  早瀬川 椎名→主人公 母親はすでに他界していて、
     父親も海外出張のため独り暮らし。
     それほど明るい性格ではないような感じがする。
     でも、心優しい青年。
 
  相沢 貴史 →椎名の親友(悪友?)
     普段はおちゃらけてて、女の尻ばっか追いかけてるものの、
     人の気持ちには敏感で、時折的確なフォローをする。
     が、傍の千夏の気持ちには気付かない。なんだかなぁ…
 
  渡瀬 双葉 →プロローグのメインヒロイン。
     あることがきっかけで、椎名に一目惚れ。
     親友の千夏の後押しもあり、椎名に告白することに…
     とある病気を患っている。
 
  篠崎 千夏 →椎名と貴史の幼馴染。
     可愛いんだけど、スリッパを持ってはたいたり、
     蹴飛ばしてきたりと、結構凶暴だったり。
     貴史のことが好きなものの、気付いてもらえず腐れ縁関係になっている。
 
 616 :てんたま 人物紹介2:2006/03/20(月) 01:14:27 ID:oXlMH26Y
  以下、プロローグには絡んでこないヒロインさん
  花梨    →本作のメインヒロイン。
     天使見習いで、卒業試験のため人間界に降臨。
     試験をクリアするべく、椎名を幸せにしようと、
     日々奮闘(?)するが、徐々に椎名に惹かれていく自分に気付いてしまう。
     ちなみに、試験云々抜いて、椎名に恋をしてもらって幸せになって欲しいと願っている
 
  榎 理香子 →椎名より1学年下の女の子で、お化け嫌いだけど巫女さんだったり。
     血縁的に霊感が備わっているので、花梨たちの羽が視えてしまっている。
     代々伝わる祝詞が、何故か西洋の黒魔術の詠唱に聞こえるのは、きっと空耳です。
 
  七瀬 結花 →高校の卒業式に、貴史の兄に告白するも玉砕。
     以後ひっそりと独り暮らしをしている。
     眼鏡をかけた姉(ゴメン、うろ覚え…)も居るのだが、その姉には重大な秘密が隠されてたり…
 
  吉沢 初音 →椎名の住む街にある、ミッション系女子高に通う。
     ラクロス部のエースだったりする。
     どことなく双葉に似た雰囲気を持っていて、椎名を悩ませる。
 
  小高 真央 →初音の後輩。
     椎名と同じ中学に通っていて、実はその時から椎名が好きだった。
     しかし、千夏が椎名の彼女だと勘違いしていて、告白できずに終わる。
 
 617 :てんたま 人物紹介3:2006/03/20(月) 01:16:03 ID:oXlMH26Y
  以下、脇役
 
  葵     →花梨の親友で、花梨同様、試験のために地上に降臨。
     貴史に本当の恋をしてもらうために頑張る。
     花梨の相棒アオイとは、宿命のライバル。
 
  奈菜    →花梨、葵と親友で、こちらも試験のために、人間界に降臨。
     千夏に恋に対しての度胸をつけてもらおうとやってきたが、相当なアガリ性で、千夏も困ってる様子。
     見習い三人組の中で、1番頭が回るのだが…
 
  田中 悠里 →千夏の親友というか悪友。
     突如現れた花梨達の秘密を嗅ぎまわっている。
 
  相沢 早智子→貴史の姉、千夏とは姉妹のような関係。
     両親が共働きのため、家事全般を請け負っている。
     葵が来てからは、妹ができたみたいで嬉しそう。
 
 618 :てんたま 渡瀬双葉編(プロローグ):2006/03/20(月) 01:18:08 ID:oXlMH26Y
  ぁぁ、くどくどと長くなってしまった…
  誰か俺に文章力をくれぇ…
 
  以下本編
 
  引っ越して来た街で、椎名と最初に会ったあの日。
  そして高校入学式の日、二度目の出会い。
  見知った顔を見つけて、思わず声を掛ける双葉。
  声は椎名に届かず、別の人から反応があったりして、
  軽く混乱しつつも、何とか踏ん切りをつけて、
  再度椎名に声を掛け、御礼を言う。
  が、椎名は何のことかよく分かっていなかったみたいで、
  落胆してしまう双葉。そして、ちょっと泣きそうな状態に。
  椎名は千夏に助けを求め、この場を丸く治めてもらう。
 
  実は、双葉は以前、飼い犬のラキシスが車に轢かれそうになったところを、
  椎名に助け出してもらっていたのだ。
 
  軽く自己紹介をし合った後、
  チャイムが鳴り響き、入学式を終える。
 
  そして1ヵ月後
  元居た仲良し三人組に双葉も加わり、
  繁華街をぶらついたり、ふざけあったりと、何気ない日常を過ごす。
  ある日、双葉は千夏に椎名だけ名前で呼ぶことを指摘され、
  自分が、椎名のことを好きになっていることに気づかされる。
  千夏と貴史の後押しもあって、双葉は告白することを決意。
  そして告白をして、晴れて椎名と双葉は恋人同士になる。
 
 619 :てんたま 渡瀬双葉編(プロローグ)2:2006/03/20(月) 01:19:18 ID:oXlMH26Y
  それからまたしばらくして、
  たまたま2人で昼食を取る機会があったため、
  屋上で昼食を摂る2人。
  ふと小物入れから薬を取り出す双葉。
  そこで初めて、椎名は双葉が何らかの病気を患っていることを知る。
  そして放課後。
  商店街をぶらつくうちに、突然双葉が倒れてしまう。
  焦る椎名、何とか冷静さを取り戻し、介抱するうちに目を覚ます双葉。
  心配になった椎名は、双葉を自宅へと負ぶって送る。
  双葉を床につかせ、とりあえず帰ることにする椎名。
  帰る間際、双葉の母親と話をするうちに、
  双葉の病気は、現代の医学では決して治せないものだと知らされる。
  やるせない気持ちを爆発させつつも、椎名も眠りにつく。
 
  翌日、双葉は学校を休む。身体の検査を受けたためだ。
  双葉を心配する椎名は、見舞いに行くことにする。
  そして双葉の自宅前でばったり出会う2人。
  双葉の部屋で他愛も無い話をしながら、
  しばらくは学校を休まなければいけなくなった双葉のために、
  これから見舞いに来ること、
  そしてその内2人っきりで、どこか遠くの海を見に行こうと約束する。
 
 620 :てんたま 渡瀬双葉編(プロローグ)3:2006/03/20(月) 01:20:34 ID:oXlMH26Y
  1週間後、双葉の家にて。
  やっと、明日から学校に行けそうとはしゃぐ双葉。
  しかし、椎名が飲み物を取りに行った際に、
  再度発作を起こし、倒れる双葉。
  双葉の母親は、慌てて病院へと向かう準備をする中、
  双葉が不吉な問いかけをしてくる。
  「……もし、もし私が死んだら…どうする?」
  驚いて問いただす椎名。
  絶対大丈夫だと、無理矢理言い聞かせる。
 
  しかし…自宅に戻った後、双葉の母親からかかってきた電話に、
  否応無く、現実を突きつけられる。
  「双葉の…双葉の病気ね…かなり悪化してるって……」
  「もう…長くないって……うぅ……」
  言葉の意味を理解し、ひどく衝撃を受ける椎名。
  その後、双葉の母親から毎日会ってもらえないかというお願いに、
  何とか返答したものの、椎名は自室にて自分の無力さを呪い、そして泣いた…
 
  翌日、約束通り双葉の見舞いへと向かう椎名。
  双葉の部屋に入ると、机の横に座り涙を流す双葉を見つける。
  すぐそこに迫った死に、押し潰されそうになる双葉。
  そしてその恐怖から溢れ出る自分の気持ちを、椎名にぶつける。
  椎名は、双葉を強く抱きしめながら、
  双葉を励ましながら、双葉のために自分を犠牲にしてでも何かをしよう、
  双葉が生きている証を作ろうと決意する。
 
 621 :てんたま 渡瀬双葉編(プロローグ)4:2006/03/20(月) 01:22:06 ID:oXlMH26Y
  その日の夕方。
  落ち着きを取り戻した双葉は、
  自分が居なくなれば、また独りになってしまう椎名のために、
  自分に残された全ての時間を使って、
  自分との思い出を、忘れきれないほどいっぱい作ろうと、
  そしてそれが、自分にできる最後のことだと考えるようになる。
 
  そして冬休みに入ったクリスマス。
  双葉の体調も良好なため、久々に千夏、貴史、椎名、双葉と4人集まって、
  クリスマスパーティーを開き、何事も無く無事に終わる。
 
  その日の夜。
  久しぶりに親子3人で過ごす双葉。
  靴紐が解け、両親にはすぐに行くから先に行くように伝え、靴紐を結ぶためにかがむ双葉。
  そして結び終えて立ち上がろうとした時…また発作が起こってしまう。
  息苦しく、声も上げられないままうずくまる双葉。
  心の中で両親に助けを求めるが、そのまま意識を失ってしまう。
 
 622 :てんたま 渡瀬双葉編(プロローグ)5:2006/03/20(月) 01:24:31 ID:oXlMH26Y
  双葉が目覚めると、そこは病院だった。
  鎮静剤を投与しているおかげで、少し意識が朦朧としているものの、
  さほど気分が悪いわけではなく、十分話せる状態になっていた。
  しばらくして、連絡を受けた椎名、千夏、貴史が到着。
  別れの時が刻一刻と迫る中、
  千夏や貴史、両親と別れの言葉を交わす。
  そして椎名。
  最期の願い、「愛してる」と言って欲しいことを伝え、
  椎名から願い通りの言葉を受け取る双葉。
  また独りになってしまう椎名のために、
  最期の言葉を遺してゆく。
  「これからは大気になって椎名の傍にいるから。今度は私が見守ってあげる」
  「私の分まで幸せになってね……」と。
 
  そして別れの時。
  鎮静剤を投与され、徐々に視界が狭くなってゆく双葉。
  椎名と双葉、手を握りながら別れを迎える。
 
  …薄れ行く意識の中、
  双葉は、椎名を幸せにしてあげられる人が現れることを願いながら、
  永遠の眠りについた…
 
  続く。。。
  稚拙な文で、読み辛くなってゴメンナサイorz
  花梨か千夏のどっちかから書き書きします。

選択肢 投票
3  
参考になった 0  
参考にならなかった 0  
分かりやすかった 1  
分かりにくかった 0  
長い 0  
程よい長さ 0  
短くまとまってる 0  
短すぎる 1  
内容・記述に間違いがある 1  

スポンサード リンク
スポンサード リンク